ハイヤー乗務員に必要なこと - ハイヤー乗務員になるための教育

ハイヤー乗務員に必要なこと

旅客運送業というと、まずはバスとタクシーを思い浮かべるかもしれません。タクシーに似た仕事で‘ハイヤー’という職業をご存じですか。

黒塗りの車で偉い方をお乗せする車です。

ハイヤーの乗務員に関する情報を公開しているサイトです。

ハイヤーの乗務員になるにはどのようなことか必要なのか見ていきましょう。

タクシーと同じで二種免許が必要になります。入社時に二種免許の養成を行っている会社が多いので、未経験でも抵抗なく入ることができます。

二種免許は試験が難しいですし、個人で取りに行くとお金がとても高いので、養成制度があるのは助かります。

二種免許を取ったとしても、即ハイヤー乗務員になれるわけではありません。
ハイヤーは高級個別輸送機関と言われるように、お乗せするお客様は企業の役員、有名人、政治家、海外からのVIPなど立場のある重要なお客様です。

問題を起こすと大変なことになります。
まずは運転技術をみがくことです。



絶対に事故を起こさないために安全運転の技術を学びます。

さらに乗り心地の良い運転も目指します。

ゆっくりアクセル、ふんわりブレーキで加速と減速を感じさせないような運転をする必要があります。

事故を防ぐために周りの交通の流れを確認します。



安全確認と危険予知をしっかり行うことが乗務員の使命です。

お客様との接し方もしっかり教育を受けます。

言葉使いや態度など立場の上の方に接するのにふさわしい所作を学びます。


お客様の意向や希望を汲めるように神経を働かせながら仕事をしなければなりません。