ハイヤーの乗務員にはこのスキルが必要 - ハイヤー乗務員になるための教育

ハイヤーの乗務員にはこのスキルが必要

ハイヤーとタクシーは同じ旅客運送業の自動車ですが、どのような違いがあるのでしょうか。


タクシーは屋根に行灯が付いていて、路上で手をあげて停めればすぐ乗れて目的地へ行けます。

料金は距離制であり、走った分だけ支払います。

ハイヤーには行灯は付いておらず、ほとんどが黒塗りの自動車です。

ハイヤーの乗務員について真剣に考えてみました。

路上で手をあげて乗るのではなく、営業所に連絡し予約してからでないと乗れません。

料金は一日単位の時間制であり、お客様を迎えに行く時と降ろした後の空車の時も料金を徴収します。乗務員の働き方にも違いがあります。

タクシーは完全歩合制で、乗せた件数や売上金により給料が決まります。

ハイヤーは基本給プラス早出・残業時間により給料が決まります。



乗務員ごとにある程度決まったお客様を担当するため、毎月大体決まった給料になることが多いです。

またタクシーのように隔日勤務ではなく毎日出勤します(一部、隔日勤務もあります)。
ハイヤーの乗務員になるには、運転のスキルを上げないといけません。



タクシーはほとんどの場合‘一見さん’ですが、ハイヤーは専属の仕事であれば毎日顔を合わせます。お客様に信頼されるには、安全運転に徹する必要があります。また安全運転はもちろん、急いでいる時はガンガン走ってほしいこともあります。

そのようなお客様の要望にもある程度やってあげることも必要なので、しっかりとした状況判断が大切になります。

お客様の性格や希望を感じ取れる感覚も大事です。