ハイヤーの乗務員はやりがいのある仕事 - ハイヤー乗務員になるための教育

ハイヤーの乗務員はやりがいのある仕事

黒塗りのハイヤーを利用することはステータスを感じます。


会社の役員やVIPでないと使えない車なので、あこがれの立場でもあります。格式の高いハイヤーの乗務員になることは、とても誇りに感じやりがいのある仕事です。


立場のある方をお乗せするため、とても気を使ったり慎重になる必要がありますが、しっかりとした教育を受けてから乗務するので心配いりません。

評価の高いハイヤーの乗務員について気になる方はこちらです。

ハイヤーの仕事の流れですが、大きく「専属(月極め契約)」と「スポット(一日単位の依頼)」に分けられます。



専属とは、特定の会社の専属車として利用されることです。

主にその会社の役員の送迎に使われるもので、乗務員はその会社の役員の動きに合わせて日々行動します。



場合によって、朝自宅に迎えに行ってから夜自宅に送るまで乗務することもあり、拘束時間は長くなる傾向にあります。


お客様にとっては朝から夜までの一日を共にすることになり、気も知れる間柄になるので、道や行き先の細かい指示をせずとも乗務員が連れていってくれるので、ストレスなく移動ができます。


スポットは一日単位の依頼ですが、一時間単位で料金が発生するので様々な場面で利用できます。
民間企業であれば、会食で相手の企業を接待する場合に、相手のお客さんを自宅にお送りする場合にハイヤーを利用したりします。高級ホテルの宿泊客が出かける際や空港の迎えなどにも使われます。

結婚式での新郎・新婦の送迎やお葬式での移動にも利用されます。