ハイヤーの乗務員になるには - ハイヤー乗務員になるための教育

ハイヤーの乗務員になるには

ハイヤーの仕事に興味がある方に、ここでその仕事内容について書いてみたいと思います。まずハイヤーとは何なのか。

旅客運送業の中に入りますが、バスは公共交通機関ですが、タクシーとハイヤーは個別輸送機関と言います。

ハイヤーの乗務員情報が揃っています。

不特定多数のお客さんを相手にするのか特定のお客さんに対応するのかの違いです。



ハイヤーは特に、‘高級’個別輸送機関に位置づけられます。
対応するお客さんが特別な立場の方であるためです。それは企業の取締役などの役員、政治家や高級官僚、芸能人などの有名人、高級ホテルの宿泊客などです。
重要な立場のVIPをお乗せするため、乗務員の責任はとても重いものになります。


それをこなすだけのスキルが必要になります。



乗務員は入社すると「運転技術」と「接客」に関して徹底的に教育を受けます。

万が一にも事故を起こすことはできません。VIPをお乗せした車が事故を起こしニュースや新聞沙汰になってしまったら大変なことです。

またご乗車されているお客さんに快適な時間を与えるためにも、優しい運転が必要です。
いつ発進したり停車したかわからないくらいにフワーッとした運転をします。できる限り揺らしたり前のめりにならないような運転を心がけます。


できるだけ早く目的地に着こうとアクセル全開で走るタクシーとはここが違います。
目的地に着いたら必ずドアサービスを行います。
降車されるお客さんの安全を守るという意味がありますし、乗務員は感謝の心を込めてあいさつを行います。