iPhone修理横浜を探す前に

iPhone修理横浜と検索すれば、公式非公式を問わずに多くの修理店が発見出来ます。公式の方は「本体が重量物の下敷きで大破」した様な場合に、交換対応してほしい時に使います。他の部品修理も行っていますが、1万円以上になる事も多く人によっては修理保険に入る事を検討する程に高くなったりもします。ちなみに流通段階のトラブルで動かない場合に限ってのみ、無料交換可能です。

iPhone修理横浜の後に、apple公式と条件を入れて検索すれば大手家電量販店のコーナーが探し出せます。対して、非公式の方もiPhone修理横浜で出て来ますが、こっちは部品交換で修理可能な物を専門としています。安価で早く、データー回収可能な事も多いので急ぎの場合はこっちに依頼した方がメリットが見込めます。ただし、非公式修理をお願いした場合、公式修理が必要になった場合断られるリスクがある事は折込済みにして下さい。

ちなみに、「事故と操作中のミス」と「消耗品部品の劣化」が原因で動かなくなるトラブル対策の場合には、幾つか策もあります。例えば、衝撃吸収フィルムを貼っておく様にしたり、保護カバーに入れておく癖をつけるだけで落下による画面割れ事故リスクは大幅ダウン出来ます。バッテリーに関しても、基本は全部使い切ってから再充電する事であり、それ以前に再充電してしまうと劣化が大幅に早まります。特に充電器を付けたままでスイッチを入れて使うと、劣化が一気に早まりますので注意して下さい。

少なくなると直に貯めたくなるかもしれませんが、そこは上手いバランス調整をお勧めします。充電トラブルとしては、他にも「充電ケーブルを認識しない」や「ケーブルが折れて中で詰まった」等がありますが、この辺りは部品交換対応にて、修理店に持って行った場合非公式店で30分~1時間で可能と思って下さい。値段にすると7800円程度になります。自己修理を試みる場合でも、腕前に自信がある場合は同じ程度の時間でやる事も可能ですが、その場合は「対静電気仕様の工具」を準備する事が鉄則です。

その上で、特に重要なのがケーブルを切らない様にする事だと思って下さい。単純な交換作業と思っていて、外してはいけない物を外して壊してしまう事故も多いので難しいと思ったら即元に戻してプロに依頼する事です。最後に、どんな些細な修理であっても、データーのバックアップを取る事は鉄則だと思って下さい。漏電の可能性があったり、スイッチが本当に入らない場合は別ですが、やはり解体する以上は消失の危険は常に付きまといます。

防ぎたい場合はやはり、バックアップは欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *