水没で困ったらスマホ修理横浜

ある程度なら水に濡れても大丈夫とはいえ、お風呂や洗濯機などにiPhoneを落としたとなると故障の原因になります。

iPhoneを水の中に落としてしまう事故は水没と呼ばれていますが、意外と水没でiPhoneを故障させてしまう人は多いのが現状です。もし、落としてしまった時は慌てて電源を入れるのではなくスマホ修理横浜に出すことをお勧めします。中が濡れた状態で電源を無理に入れると、基板がショートして完全に故障してしまう可能性があるからです。思い切って買い換えるという人もいますが、データが残っていたり買ったばかりの場合は買い換えたくないという人もいるでしょう。スマホ修理横浜では水没による故障でも、気軽に修理を受け付けてくれるので安心です。中の基板など、一部の部品を交換するだけで簡単に直ることもあります。動かなくなってしまったiPhoneでも、スマホ修理横浜なら即日で元に戻る事もあります。費用は修理内容にもよるのですが、数千円程度から扱ってもらえるので安心です。費用が不安な時は、まずiPhoneの状態を見せて値段がいくらくらいになるのか相談してみてください。スマホ修理横浜なら、水没後すぐに修理してもらえる可能性もあるので安心です。

数十分から数時間程度で、元の状態になる事も珍しくありません。ただ、修理には内部の部品が必要になってくるので部品の在庫がどうかという点が非常に重要です。いきなり店頭に行ったとしても、部品がなくてすぐに修理できない事もあります。急ぎたい気持ちがあったとしても、事前に電話などで連絡してみると安心です。電話で何店舗から調べて、一番早く対応してもらえる店に頼むという方法もあります。修理の際にはデータが全て消去される事もあるので、バックアップが非常に重要です。水没後にバックアップを撮りたいのなら、十分に乾かしてから行うことが大切です。慌てて電源を入れてしまうと、取り返しのつかないことになるので注意してください。電源が入れられない時は、スマホ修理横浜でデータの抜き出しができないか相談する事もできます。データを抜き出すことができれば、大切な写真などを失う心配がなくなります。型番によって水の中に落とさなくても、雨に濡れたり湿気の多いところにおいたことが原因で水没と同じ故障が起こることがあるので注意が必要です。不安な時は、まず買い換えたり自分で確認するのではなく専門店に持ち込んで相談してみることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *