iPhone修理を横浜で考える前にチェックする事

iPhone修理を横浜で考える場合ですが、iPhone修理が必要になるトラブルの原因は大きく分けて3つあります。

「事故と操作中のミス」と「消耗品部分の劣化」、そして「設計から流通の段階の何らかの事故」です。この内前者2つの場合は公式の無料修理は出来ませんが、最後の「設計から流通段階の何らかの事故」に関してはメーカーが無料保証してくれる事がまず押えておきたいポイントになります。ちなみに、横浜でしたら公式店から非公式店まで多くの店舗が展開中なので、探す事はさほど難しくはありません。ですが、本格的なiPhone修理を考える様な事態になる前に「事故と操作中のミス」と「消耗品部品の劣化」に関しては幾つか打てる手があります。

例えば消耗品部品の代表格はバッテリーですが、長持ちさせる基本は使い切ってから次の充電をする事です。実はバッテリーは充電と放電を繰り返している性質を持っており、充電を何度もするとその分劣化が早まるという特性を持っています。バッテリーがまだ残っている状態で使うと、その分早く消耗して故障の様な症状を起こしやすくなりますので可能な限り使い切ってから、次の充電をする様にして下さい。ちなみにバッテリー問題は他にもあり、充電しながら使うというのもNG行動になります。

一見すると通常の家電製品と大差が無い様にも見えますし、充電が減らないので賢い使い方をしている様にも見えますが、充電と放電を交互に連続で行ってる状態にバッテリーは置かれており消耗の速度はかなりの物となってしまいます。無論、最後には耐用年数限界は来てしまう物ですが、此処を抑えておくだけでも限界は随分先延ばしに出来ます。「事故と操作中のミス」では、その筆頭に出て来るのは画面割れですが、多少お金は掛かっても衝撃吸収フィルムを張り付けておく事や尖った鍵の類等と持ち歩かない事だけで、随分違います。

横浜でしたらカバー用品の類も家電量販店に大量に売っていますので、探すのも難しくありません。基本中の基本として、歩きスマホで落とす危険を下げる事も重要です。他にも長時間使う事で熱を持ってきたらスイッチを切って、熱を冷ますまで待つというのも内部CPUの故障を防ぐ為に重要なポイントになります。不要なアプリは切って負担を下げるというのも、悪くありません。この辺の対策を行った上で、それでも故障の様な症状が起きた場合は機能診断アプリが使える様ならば、それで内部機能の不具合が無いかを調べる事です。ウイルスチェック等も行うと該当する事も少なくありません。他にも記録してあるキャッシュの削除や再起動の手順を踏んで改善出来れば良いですが、アウトだった場合はお店へ持っていく段取に移行します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *